ドロコン2019 in KAWACHI 第2回 農業用ドローンの可能性を探るコンテスト 【テーマ】除草剤/追肥の散布に利用可能なドローン技術

主催者挨拶

ドローンによって撮影された、それまで見ることができなかった風景 ― 山岳や峡谷の映像 ― は、私たちを驚かせます。

そして、ドローンは大規模災害時での状況把握や緊急物資の輸送など、その可能性は計り知れないものがあり、農業分野への応用もまた然りです。農薬の散布など、既に実用化されているものもありますが、その活用はまだ緒についたばかりです。

農業者の高齢化によって起因する後継者不足や耕作放棄地などの諸問題が叫ばれて久しく時間がたっていますが、根本的な解決策はいまだに見いだせないままです。このコンテストを開催することで、ドローンの利用という新たな視点から農業を見つめ、ドローンを利用することで農業の生産性や効率性の向上につながっていければ、こんな嬉しいことはありません。

ドローンが農業の抱えている問題、課題をうち砕く新たなツールとなるか、大いに期待したいと思います。

河内町長 雜 賀 正 光

コンテスト

茨城県河内町と株式会社アイ・ロボティクス社では「ドローンを使った精密農業の可能性とそのために欠かせないドローンの技術向上をテーマ」 とした「農業利用の可能性を探るコンテスト」を開催します。また、産業用ドローンの展示やデモフライト、初心者や家族連れでも楽しめるドローンの体験会などを行います。

参加エントリーはこちら

開催概要

イベント名
ドロコン2019 in KAWACHI
第2回 農業用ドローンの可能性を探るコンテスト
日時
平成31年3月8日(金)・9日(土)
場所
つつみ会館(茨城県稲敷郡河内町金江津645−227)
ドローンフィールドKAWACHI(茨城県稲敷郡河内町金江津7501-2)
主催/共催
河内町、株式会社アイ・ロボティクス
協賛
一般社団法人 日本ドローンレース協会(JDRA)
協力
株式会社ドローンエンタテインメント

スケジュール

平成31年3月8日(金)

16:30~18:00 農業利用に向けた有識者シンポジウム 
場所:つつみ会館大集会室

基調講演
南 政樹氏
慶應義塾大学 ドローン社会共創コンソーシアム 副代表
パネルディスカッション
モデレーター:
ドローン・ジャパン株式会社
勝俣喜一朗氏
パネリスト:
ライステクノロジーかわち株式会社
伊勢村浩司氏
サン建設工業株式会社 山田浩之氏
送迎のお知らせ

シンポジウムにお越しのお客様でJR滑河駅 15:55着の電車でお越しのお客様は送迎車がございます。

平成31年3月9日(土)
9:30~ 開会式 
場所:つつみ会館
10:30~15:00 ドローンコンテスト 
場所:つつみ運動公園
10:30~15:30 ドローン体験会 
場所:ドローンフィールドKAWACHI(旧金江津中学校 体育館)
10:30~15:00 模擬店 
場所:つつみ会館前芝生広場
16:00~16:30 表彰式 
場所:つつみ会館

来場者・取材に関するお問い合わせ

河内町役場 企画財政課

TEL: 0297-84-6970

E-mail: info_dfk@irobotics.co.jp